2006.03.26

ど忘れ

 久しぶりに、携帯電話に入れる動画ファイルを作る。
 今回は楽をするため、携帯動画・変換君のお世話になった。QuickTimeが必須というのでダウンロードしたら何と、iTuneまでインストールされてしまった。というかインストールファイルの名前からすると、iTuneがメインでQuickTimeは付録扱いになっている様だ。使わない(というより使いたくない)ソフトが無理やりインストールされるあたり、ちょっとイヤンな気分。

 で、ファイルが出来上がったのは良いのだが、これをSDメモリカードに入れて602SHで再生させてみても、全然音が出ない。PCにあるファイルでは音が出るところから考えると、602SH側での設定の問題と思われる。
 ま、マニュアル見りゃ判るべ~と思ってマニュアルを探したが、どこにも見当たらない……orz

 どうしよう。こんなネタでボーダフォンショップに行くのも、ちょっとアレだし。

 ちなみに携帯用に変換したのは、ウルトラマンマックスである。あきらめてリビングで見るか。

| | トラックバック (0)

2005.01.03

PDAと畳は新しい方が……?


 この正月に、数え年で四十一になった。知ってる人は知っている、バカボンのパパと同い年である。
 そんな良い年をしたオッサンが何と、来年から年金受給となる老母からお年玉をもらってしまった。いやはやなんとも、恥ずかしいやら有り難いやら。確か私の父が四十一の時には、母方の祖父に小遣いを渡していたような気がする。これが甲斐性の違いと言うものか。

 という忸怩(じくじ)たる思いも束の間、実家からの帰りに速攻で新宿のビックP館へ行き、以前から欲しかったクリエのUX50を買ったのであった。

 こうしてまとまった額が手にはいるとすぐに秋葉原かビックカメラに行ってしまうこの性格が直らない限り、若いおねぇちゃんとイケナイ遊びをするなんて事には縁がなさそうである。やはりこれも甲斐性の違い、というものだろうか。

 そんなわけで年末年始休みの最終日は、新兵器UX50の環境設定に勤しむことになった。

 これまで使っていたSJ33とはPalmOSのバージョンも違うしハードも随分と異なっている。そのままホットシンクしてしまうのはちょっと怖かったので、ソニーのサイトからPIMのデータだけ引き継げるツールをダウンロードした。
 使っていたアプリは、再度インストールをする。この方法だと完全に以前の環境を引き継げなかったりするが、システムがいったんクリーンな状態になるので、案外と気持ちが良かったりする。
 インストールしたアプリはおおよそ、こんな感じ。


・KsDatabook
・休日定義
・六曜定義
・Pook V2
・秋葉マップ
・CrsMemo
・お気軽囲碁対局
・PalmGOne
・EiWait
・K-TImer
・RD Style Calc
・TRAIN
・辞スパ
・DALauncher
・File Z
・MS Backup
・マイペディア

 改めてこうして数えてみると、随分色々と入れているものだと思う。今後もきっと、インストールする物は少しずつ増えていくのだろう。

 で、キーボード付きクリエの使い心地はというと、これがなかなか快適である。もともとHP100LXや200LXを使っていたので、親指タイピングは慣れている。しかも最近ではSJ33にキーボードを付けて使っていたぐらいだから、あの小さなキートップに比べると非常に使いやすくなっていると言って良い。

 これでスケジュール管理、文章入力、ブログ用のちょっとした撮影、音楽を聴くといった日常的なほとんどの事がクリエでこなせるようになった。
 あとはHDDレコーダーからの動画を入れこむ方法が確立出来れば、ほぼ完成である。

 移行完了記念ということで、ここ数年使ってきた歴代PDAの集合写真を撮ってみた。

05-01-03_01
左からHP200LX、クリエSJ33、クリエUX50

 こんなに良くできたマシンを生産終了にしてしまい後継機も出さないとは、ソニーって案外と消費者にたいしてイヂワルなんじゃない?

| | トラックバック (0)

2004.12.22

オタクの女房から、オタクへ

 女房が携帯を機種変したV601Tというモデル。オレンジのボディが目に鮮やかだ。
 選択のポイントは、着メロ着歌重視ということだった。

 私にひとしきり新機種のお披露目をした後、早速有料コンテンツから着メロをダウンロードしている。
 中学・高校と中島みゆきのファンだった彼女がダウンロードした着メロは、ケロロ軍曹のテーマだった。

 こうして彼女は、オタクの女房からスタンドアロンのオタクへと、進化していったのだった。

 そんな彼女の最近のお気に入りテレビ番組は、スカパーでやってる「げんしけん」だったりする。

| | トラックバック (0)

2004.11.30

ピラミッド・パワー

 以前に携帯端末で見られる動画を作った話を書いたのだが、それを読んだ人から面白い新製品を教えてもらった。商品名を「携帯でビデオ」といい、リンク先をご覧いただくと判ると思うが、携帯電話で使うSDメモリカードに直接、リアルタイムで録画をするマシンである。
 値段はオープン価格らしいが、予想販売価格が二万円程度になるようだ。

 こちらのレビュー記事を見ると、録画スタンバイの状態にした後は映像信号の有無で動作のON/OFFが決まるらしい。しかも添付のAVケーブルが分岐タイプになっているので、たとえばスカパーのチューナーとテレビやビデオデッキの間にフックするようにセットアップが可能なのだ。
 これなら「保存用としてHDDレコーダーで録画するけど、とりあえず通勤時間にザッと見るだけ見ちゃいたい」なんていう要求にも対応できそうである。
 私の場合だと、保存しない囲碁番組などはこれで録画したほうが良いぐらいである。

 レビュー記事では、入力がステレオなのに出力されるファイルがモノラル音声になってる事に辛口な評を寄せているが、電車の中であのサイズの画面で鑑賞するという前提に立てば、別にモノラルでも良いんじゃないの、という気になる。だいたい、V602SHだと動画でステレオ音声ってムリなんじゃなかったっけ? そういった再生側のハードルもあるから別にいーんじゃないの、と思う。

 逆にレビュー記事に同意する項目として、エンコードされる画面サイズがQVGAでないという事があげられる。せっかく再生側でQVGAのスペックを持っているのだから、録画する方でもそのへんはサポートして欲しかったと思う。
 実際にQVGAの動画を作ってみるとわかるが、このサイズだとTV番組のテロップぐらいは判読可能な画質になるのだ。なのにQVGA機種の携帯電話に対応していながら作成ファイルの最大画面サイズが176×144というのは、ちょっと寂しい気がする。

 年末年始は何かと物入りなので多分これは見送ることになると思うが、しばらくしてQVGA対応の機種が出たら、ちょっと我慢が出来なくなるかも知れない。
 あぁ、また物欲の嵐が……。

| | トラックバック (0)

2004.09.25

携帯で動画三昧

 今日は久しぶりの囲碁教室である。ここのところ、アレコレと都合や体調が悪くて出席してなかったから、本当に久しぶりという気がする。でも対局表を見たら、実際は二回休んだだけだった。

 ここのところず~っと負け通しだったし碁を打つ事自体が久しぶりという事もあって、行くのはちょっと気が重かった。やっぱり対局で負けると、その週末は気分が沈むから。
 それでも今日は、根性を振り絞って棋院に向かった。今日を逃すとまた来月の第四土曜日まで対局できないのもあるが、今日は教室の友人たちに見せたいものがあったからだ。
 それがこれ。

PICT16960002.jpg

 携帯の機種変をしたのは先日お伝えした。実はこのV602SHはPCで作った動画が見られるという事を知ってアレコレと情報を漁り、ついにHDD+DVDレコーダーで録画したファイルをV602SH用の3GPファイルに変換することに成功したのだった。実際の作り方については、2ちゃんねる携帯・PHS板にある動画スレを参考にして欲しい。

 教室に入ってすぐにこの動画を友人たちに見せたところ、ヒジョーに受けた。そりゃそうだ、よりによってヒカルの碁だもの。受けないわけがない。
 皆の感嘆・賞賛の声を聞くだけで今日は、腹痛をこらえて出かけた甲斐があったというもの。ただ「だからここ最近、来なかったんだね~」と変な納得をしていた人がいたのは困ったけど。

 実のところこの602SHを買った直後に、TVが見られる402SHがもっと安く機種変できると知って、かなりへこんでいた。でも良く考えれば自分は地下鉄通勤だから、TVを見る機会はほとんどない。そして今こうしてHDD+DVDレコーダーで録画したファイルを手軽に持ち出せるとなれば、もう地下鉄は私の極楽AVルームである(変な意味ではないので念のため)。

 というわけで今、録画はしたけど見ていないファイルを片っ端から変換している最中である。まずは初代仮面ライダー、巷説百物語、あとは毎週録画で週末までに見られなかったものなど。
 一時はスカパーの番組を片っ端から録画しても見る暇がなく、これじゃ録画した番組の時間より余生のほうが短いと心配をしていたものだったが、これでどうやらその問題は解決しそうである。

| | トラックバック (0)

2004.09.04

やっぱ二郎だね

 その後、あれやこれやと602SHをいじくりまわしていたら、SDメモリカードにVGAサイズの二郎写真が保存されていたことが判明。やっぱり俺の待ち受け画面は松戸二郎だよな、という事で早速設定する。
 こんな感じになったんだが、お分かりいただけるだろうか。

04-09-04_19-42.jpg

 カメラのレンズ部分にシャッターがないので、クリーナーは必須である。採用されたのは、どこかで入手したスチームボーイの携帯クリーナー。これ、映画館でもらったんでない事は確かである。

 ちなみにこの写真はというと、SH51で撮影してSDカードに保存したものをカードドライブで読み取ったもの。こうしてみると、このサイズの写真を欲しいという事に関してはX20よりSH51の方が性能が上、という感じがする。

 で、602SHのデジカメ機能についてはどうか、という事なのだが……。
 やっぱり本物のデジカメには及ばない、という事が判明した。となると、X20の自宅待機は難しいか?

|

携帯機種変

 二年ぶりに携帯の機種変更をした。今までSH51を使っていたからというわけではないが、今回もシャープの602SHにした。理由は、本体のディスプレイ部分がグルッと回ってデジカメみたいな形になるから。
 二年間継続して一つの機種を使っていたので、たまったポイントと引き換えに2,000円割引になって、支払った額は22,050円になった。
 ちなみにこれは、今まで使っていた SH-51。待ち受け画面は、松戸二郎小豚野菜増しである。引退記念という事で、602SHで撮影した。

040904_1714.jpg

 そしてこちらがニューフェイスの602SHなのだが、DiMAGE X20 で撮影したものをリサイズしたら、あまり綺麗な絵ではなくなってしまった。

PICT1683.jpg

 とりあえずこれで、今まで毎日持ち歩いていた X20 は自宅待機という事になる。これから 602SH で、どんな写真をとる事になるのかが楽しみだ。

|

2004.05.05

モバイル投稿に挑戦

携帯電話からの投稿にチャレンジ。これが成功すれば、アリバイ工作にも使える?

|